同棲する為の賃貸マンション・アパート探し3選

賃貸仲介不動産同棲 不動産
いらすとや

カップルで片方が賃貸マンション・アパートを借りていて、もう一方がその部屋に転がり込むという同棲のケースは良く聞きますが、今回は、カップルが同棲をする為に賃貸マンション・アパートを探す場合の注意しておきたいポイントを説明していきます。

同棲する為のお部屋探し

賃貸仲介不動産同棲

片方が転がり込んでの同棲であればお金も掛かりませんし、探すという行為自体が無くなるので面倒はありませんが、一人暮らし専用の物件(1R・1K)の場合、基本的には1人入居での契約なので2人以上で住んではいけませんので、見つかれば部屋を出ていかなければなりません。

大家さんと話をして許可してもらったり、中には黙認してくれる優しい大家さんもいらっしゃいますが、管理会社が間に入っている場合や苦情が出た場合は引越の準備を進めた方が良いでしょう。

同棲での部屋探しはどのようにしたら良いか、気を付けるべきポイントはあるのか3つに分けて説明していきます。

同棲の賃貸マンション・アパート探し気を付ける事3選①探し方

賃貸仲介不動産探し方

1DK・1LDK・2DK・2LDK等、広めのお部屋なら2人で住んでも良いだろうと安易に考えてはいけません。

2人での入居を許可していない1DKもありますし、広めのお部屋は2人での入居は可能でも同棲での入居を許可していない物件も多くあります。

同棲の場合、入居のマナーが悪かったり喧嘩別れしてすぐに解約になる可能性が高いと思われがちで、あまり良く思っていない大家さんも多くいらっしゃいます。

今の時代、結婚していてもすぐに離婚して解約になるケースも当たり前のようにあるので、腑に落ちないのも無理はありませんが、年配の大家さんが多いので仕方がないのかなと思います。

管理会社が間に入っていても大家さんから提示を受けた条件で物件の募集をしているので、大家さんの要望を無視する訳にはいきません。

あくまでも、同棲は他人同士のルームシェアだと思ってお部屋を探してみて下さい。

物件検索サイトには『ルームシェア可』のチェックボックスがあるので、そちらで絞り込みを行うのも良いですが、物件検索サイトの情報は不動産会社の営業マンが入力している為、全ての情報が正しい訳ではありません。

中には『ルームシェア可』ではなくても同棲が出来る物件も多くあります。

気になる物件があったなら、まずは同棲が出来る物件なのか不動産会社に相談してみて下さい。

同棲の賃貸マンション・アパート探し気を付ける事3選②物件

賃貸仲介不動産探す物件

どんな物件が良いかは人それぞれですが、1Rや1Kは基本的に1人入居を前提とした物件ですので2人での入居を許可してくれる物件は少ないでしょう。

中には許可してくれる物件もありますが、選べる程無いと思って下さい。

2人の荷物が少なく毎月の家賃を抑えたい方は、物件に対してある程度の妥協が必要になるでしょう。

2人で生活する場合、荷物も2人分になりますしスペースも2人分必要になりますので、1DK以上の広さが無いと窮屈に感じるのではないでしょうか。

女性は洋服や小物が多かったり、男性は趣味の荷物が多かったりと何かとスペースが必要になるので、全体的な広さも重要ですが収納の数や大きさも気を付けて見るようにしましょう。

 

同棲の賃貸マンション・アパート探し気を付ける事3選③審査

賃貸仲介不動産審査通過

1人暮らしでも同棲でもお部屋の申込をすれば審査が必ずあります。

基本的に仕事内容や収入面を審査されますが、契約名義人1人の審査の場合と収入合算での審査の場合に分かれます。

2人でかりるから高い家賃を払えると思い考えなしに物件を決め、審査で落とされるケースは多々ありますが、その場合のほとんどは、何も考えていない不動産会社の営業マンが悪いと思って下さい。

収入合算で審査をしてくれる物件なのか確認した上で、内見をしたり申込をしないと期待と夢だけ膨らんでガッカリしてしまう事があるでしょう。

同棲する為のお部屋探し(まとめ)

賃貸仲介不動産デート気分

同棲をする為にお部屋探しをする場合、言われなければ分からない事が多いかと思いますが、まずは現実的な事をしっかりと考えて2人で話し合った方が良いでしょう。

お互いの生活感や金銭感覚、普段見せないような部分まで見えてくるのが同棲です。

喧嘩が増える方も多いでしょう。

何の手続きも無く、世間体も考えなくてよく、責任も無く簡単に分かれる事が可能です。

夢と期待だけ膨らませて、審査や同棲後の生活でショックを受ける事が無いようにしっかりと考えてお部屋探しをして下さい。

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました