賃貸物件で5月に部屋探し・引越しをする方のケース3選

賃貸仲介不動産5月 不動産
いらすとや

不動産業界では、4~8月はあまりお客さんが動かないイメージがあるかと思います。

全く動かない訳ではありませんしエリアによっても違いはございます。

ですが、部屋探し・引越の理由は毎年同じような傾向があるので、一概にお客さんが動かない時期だと決めつける訳にはいきません。

5月の部屋探し・引越しをする方のケース

賃貸仲介不動産5月

引越しをしなければいけない時期や引越しをしたいと思う時期は違います。

1~3月の繁忙期を過ぎた時期、確かに極端にお客さんの数は減ります。

賃貸物件で5月に部屋探し・引越しをする方が、どんな理由や状況で動かれているのか3つのケースで解説していきたいと思います。

5月の部屋探し・引越しの理由3選①結婚

賃貸仲介不動産結婚

4~6月に掛けて結婚に伴っての部屋探し・引越しをされる方が増える傾向にあります。

ジューンブライドの6月に向けて動いていると思いますが、籍を入れる前や結婚式を挙げる前に住居を決めておきたいと考えている方が多く、そのような方達は4月下旬頃から5月に掛けて部屋探しをされています。

結婚という新しい門出での部屋探しなので、みなさん慎重に時間を掛けて部屋探しをしようと考えて行動しています。

結婚というタイミングだからより良い部屋で生活したい、結婚式や家具家電の購入等で出費が増えるから契約金を抑えたい、既にお腹に赤ちゃんがいたり何年か先に家の購入を考えているから家賃を抑えたい等、様々な条件を考えつつお部屋を決めなくてはいけないので、即決が出来ない方も多いかと思いますが、すごく良い物件が見つかった時に決める事が出来ないと他の方に取られてしまう可能性があります。

また、双方の親に相談しなければいけないとか、自分達で決めたいけど親が口を出してくるケースもあり、部屋探しがうまくいかないことも多々あることでしょう。

結婚を前に気分も上がっている方も多いかと思いますが、新生活は生活してみなければ分からない事が多い為、口が上手い営業マンに引っかからないように注意もしなければなりません。

賃貸仲介の不動産会社で働く営業マンは若いスタッフが多い為、経験豊富でエリアも熟知して結婚もしていて引越してからの事もイメージさせてくれるような営業マンは少ないと思いますが、信頼出来る営業マンを見つけて下さい。

信頼出来る営業マンを見つける事が出来なくても、ネットで何でも調べる事が出来る時代ですので街を調べたり物件の相場を調べたりと自分達で出来る事は色々とあると思いますので、自分達が調べた事と営業マンの言っている事や紹介された物件が近ければ問題無いでしょう。

 

5月の部屋探し・引越しの理由3選②配属

賃貸仲介不動産配属

4月に会社に入社した新卒社員の方も大勢いらっしゃいます。

2週間ぐらいから1ヵ月位の研修期間を経て配属先を決める企業も多いかと思いますが、新卒社員の方は配属先が決まらなければ部屋探しも出来きません。

研修が終わる前には配属先の辞令が出ていると思いますし、辞令が出てから一斉に部屋探しを始めるので4月下旬から5月上旬にかけて一人暮らし向けの物件が動きます。

多くの方は5月のゴールデンウィークで引越しをする為に部屋を決めたいと探すでしょうし、遅くても5月の中旬ぐらいまでには引越しを済ませておかなければ通勤に支障が出るでしょう。

新卒1年目の給料事情・仕事に慣れるまでの大変さ・交通手段や通勤時間等を考えた上で部屋を決めなければなりません。

職場の先輩や友人に聞いたりするのも良いと思いますし、自分でインターネットで調べまくるのも良いと思います。

時間が無い部屋探しになるので、エリアを決めたらすぐに不動産会社へ行きましょう。

毎年見ていると、時間が無い部屋探しは不動産会社の伝達漏れ・ミスもある可能性があり、お客さんが不快な思いをしてしまう事があるように感じます。

これは不動産会社に若いスタッフしかいない事が原因なのであまり防ぎようがありません。

5月の部屋探し・引越しの理由3選③5月病

賃貸仲介不動産5月病

4月から入学・入社で引越しされた人も大勢いらっしゃいますが、1ヵ月が経ちゴールデンウィークを過ぎると5月病で学校や会社を辞める人も出てきます。

入学・入社したもののイメージしていたところと違うと感じてしまった方がゴールデンウィークの大型連休で緊張の糸が切れ辞めてしまうケースです。

新入生・新卒社員に限らず、ゴールデンウィークの大型連休後は5月病になる人が多くいるように思います。

学校を辞めれば親からの仕送りもなくなると思いますし、会社を辞めれば自分で稼いで家賃を払っていた方も払えなくなります。

そういう方達の中で、今の家賃よりも安い部屋に引越しを考えたり、別のエリアに引越しをしようと考える人もいるでしょう。

5月の部屋探し・引越しをする方のケース(まとめ)

賃貸仲介不動産減少

1月から3月の引越しシーズン期に比べ、4月5月と徐々にお部屋を探している人は減ってきますが、それでも引越しをしなければいけない人や引越を考える人はいるものです。

エリアに違いはありますが引越す人が0ということはありません。

不動産賃貸サイトで新着の情報が出ているということは、誰かが引越をしているということです。

家賃交渉や条件交渉も利きやすい時期なので、一度、不動産会社へ足を運んで話だけでも聞いてみるのも良いでしょう。

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました