賃貸物件で4月に部屋探し・引越しをするケース3選

賃貸仲介不動産4月 不動産
いらすとや

繁忙期の3月が過ぎ、4月になると新入生・新社会人・転勤等、様々な理由で新生活をスタートする方が大勢いらっしゃいます。

4月に新生活をスタートさせている方は、遅い方でも3月には部屋を探して契約をしています。

4月はどんな理由でどんな方が部屋探し・引越しをされるのでしょうか。

4月に部屋探し・引越しをする人の傾向3つ

賃貸仲介不動産4月

どんな理由があって4月に部屋探し・引越しをするのか、私の20年の経験から以下の3つのパターンになる事が多いので解説していきます。

4月に部屋探し・引越しをする人の傾向①安さ

賃貸仲介不動産金額安い

契約金・家賃・引越代の安さから4月に部屋探し・引越しをされる方がいらっしゃいます。

確かに、1年の内で一番お部屋探しをされる人が多いとされる引越しシーズンの1月~3月は、多少家賃や契約金が高くても引越代が通常の3倍以上しても引越しをしなければいけない人達ばかりなので、大家さんも不動産会社も引越会社も強気の料金設定です。

そんな引越しシーズンが終了した4月になった途端に大家さんも不動産会社も引越会社も強気の姿勢を崩し始めます。

3月末までに決まらなかった物件であれば、家賃を下げたり敷金や礼金を下げたりと出来るだけ早く空室を埋める為に大家さんも不動産会社も募集条件を変更してきます。

また、早く空室を埋めたいと思っている為、家賃やその他条件の交渉にも応じてくれる可能性が非常に高くなります。

引越会社も予約が取りやすくなり、料金も徐々に安くなるので頼みやすくなります。

何度も引越しをした事がある方や、不動産の動向に知識がある方はこの引越しシーズン明けを狙い目だと考えているでしょう。

4月に部屋探し・引越しをする人の傾向②間に合わなかった

賃貸仲介不動産間に合わない

単純に部屋探し・引越しが間に合わなかった人も大勢います。

1月~3月の引越しシーズンで部屋探し・引越しをされる方は、4月から新生活をされる事を目的として動いています。

ですが、中には急な転勤の辞令が出た方や引越シーズンの部屋探しを侮っていた方もいらっしゃいます。

自身の希望条件に合う部屋が見つからなかったり、妥協が出来なかったり、部屋探しが初めてで申込をしたらすぐに引越しが出来ると考えていたりと、4月の新生活に間に合わないケースも多く見かけます。

また、希望に合う物件は見つけたけど、空き予定の部屋で4月以降にならないと引越しが出来ないという場合もあります。

4月に入り数日間はホテル暮らしや友人や親戚の家に居候される方の話もよく聞きます。

 

4月に部屋探し・引越しをする人の傾向③配属先

賃貸仲介不動産配属先

新入社員の研修が2~3週間あり、その後、配属先が決まるという会社もあると思います。

配属先が決まらないと引越しが出来ないという方の場合、4月中旬~下旬に掛けて部屋探しを行い、ゴールデンウィーク前後で引越す傾向があります。

配属先が決まれば、通勤を考えるとすぐに部屋探しを行わないといけません。

短期間で部屋探しと引越を行わなければいけない為、あまり時間をかける訳にはいきません。

中には法人契約で人事や総務の方が部屋探しを行い、まとめて何部屋も決めていかれる場合もあります。

4月に部屋探し・引越しをする人の傾向【まとめ】

賃貸仲介不動産桜吹雪

4月に引越す人が少ないと思われがちですが、意外とみなさんが考えている以上にいらっしゃいます。

4月に部屋探し・引越しを考えている方は、出来る限り4月中に引越しを終わらせてゴールデンウィークはゆっくりと休みたいと思っているでしょう。

ゴールデンウィークは不動産会社も休みになるところが多いので鍵も受け取れなくなりますから、不動産会社の方とスケジュールについてしっかりと打ち合わせや確認をすることをおすすめします。

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました