ペット飼育可能物件を探す時の注意点を教えます

賃貸仲介不動産ペットペット 不動産
いらすとや

実家で犬や猫その他動物を飼っている方は多いと思います。

実家を離れる際、飼っているペットを連れていきたいと思っていたり、新たに飼おうと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はペット飼育可能な賃貸物件を探す時の注意点を教えます。

ペット飼育可能物件を探す時の注意点①物件数

賃貸仲介不動産ペット飼育可能物件

まず、ペット可物件は極端に少なくなります。

家賃・エリア・間取り等で絞り込みを掛けたとしても、ペット可の条件を入れただけで一気に物件が少なくなってしまい、感覚的に10分の1位になると思っていた方が良いでしょう。

エリアや家賃帯によっても違いはでるかと思いますが、極端に物件数が少なくなってしまう為、多くの物件と比較するという事が出来ないので、選択肢が少なく希望の物件への引越しが難しくなります。

物件が少ないので、探すエリアを広げたり家賃を上げたり希望条件を大幅に妥協したりとペット可物件を探している方は苦労をしています。

部屋の探し方がペット中心になる為、ある程度の諦めや決断力が必要になります。

最近では、ペット可にしている新築物件や築浅物件も増えてきましたが、それでも家賃を出せる方だけになりますので、なるべく家賃を抑えたい方にとっては難しいでしょう。

ペット飼育可能物件を探す時の注意点②種類

賃貸仲介不動産ペット種類

基本的に、ペット可物件というと犬もしくは猫の飼育を許可している物件がほとんどだと思います。

その他にも、小動物(ウサギ・フェレット・インコ等)の飼育を許可してくれるペット可物件も多数ありますが、爬虫類系(ヘビ・トカゲ等)は、ほぼ許可が取れません。

やはり、爬虫類系の動物が逃げた時に近隣に住む住民に被害を及ぼす事がられますが、ペットを飼っていない人とって同じ建物内に爬虫類が一緒に住んでいる事に不安を感じる人も少なくは無いでしょう。

また、犬は犬でも中型犬や大型犬の飼育を許可してもらえる物件は更に少なく、一戸建てか都心部の高級物件(マンション)位だと思います。(中型犬や大型犬は鳴き声も大きく、他の入居者に嚙みついて大怪我をさせてしまう恐れもある為)

どんなに躾をしっかりとしているからといっても絶対に大丈夫という保証はないからです。

ペット飼育可能物件を探す時の注意点③構造

賃貸仲介不動産構造

ペット可物件でも建物の構造には注意して下さい。

木造・軽量鉄骨造・鉄骨造では犬の鳴き声を防げないと思っていた方が良いでしょう。

音を防げる構造は鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造です。

ペット可物件だから防音対策をしっかりとしていると勝手に思い込んでいるお客さんも少なくありません。

木造・軽量鉄骨造・鉄骨造でもペット可にしている物件は多く、音は防ぐ事が出来ないので鳴き声はお互い様という感覚です。

その場合、ペット可だからといっても躾をしっかりせずに吠えてばかりの犬を飼っていた場合、騒音のクレームに繋がるケースもあります。

当然のように、ほとんどの方が躾をしっかりしており、自分が飼っている犬が静かなのに他の部屋で飼っている犬の鳴き声がうるさかったらお互い様とも思えなくなってしまいます

ペット可だからといって、飼っているペットがどういう生活をしても良いと言う訳では無いことをしっかりと理解しておきましょう。

ペット飼育可能物件を探す時の注意点④頭数

賃貸仲介不動産複数

飼育するペットの頭数ですが、基本的には1匹までの物件が多いと思います。

2匹以上の多頭飼いを許可してしまうと、頻繁に鳴き声がしたり中には繁殖を目的にして入居してくる人も出てくるので最初から1匹までと制限を設けている事が多いでしょう。

2匹をOKしてしまうと、3匹も4匹も分からなくなってきたり、管理会社や大家さんが管理しきれなくなったり、退去の際の修繕に大きな金額が掛かってしまう事も考えられるので、頭数の制限を行いお客さんからお願いされても断るようにしている物件が多いはずです。

動物を多く飼っているクリーニング行っても獣臭が残ってしまうものです。

ペット可物件にはペットを飼う人しか住まない訳では無く、ペットを飼わない人も入居する事も考えてもらいたいと不動産会社は思っているはずです。

ペット飼育可能物件を探す時の注意点⑤まとめ

賃貸仲介不動産ペット飼う

持ち家でペットを飼っているならどんな飼い方をしても良いですが、賃貸は大家さんから借りている共同住宅です。

自分の我儘を押し通す事は出来ません。

物件を選ぶ時にも自分の部屋探しの条件を妥協したり、部屋に住み始めてからも周りに配慮しながらの生活になります。

ペット可物件を探して引越して生活をおくる為には、ペットを飼う飼い主の常識やマナーがとても重要になることを忘れないで下さい。

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました