賃貸物件の事故物件って良いの?悪いの?教えます。

賃貸仲介不動産事故物件 不動産
いらすとや

賃貸物件を探した事ある人であれば、一度は聞いた事がある『事故物件』について、実際に良い物件なのか悪い物件なのか分からない人も多いはずです。

事故物件と聞いただけで、住みたくないと思う人が大半だと思いますが、実際に部屋を探していて事故物件というフレーズを聞く機会もあるでしょう。

今回は、そんな事故物件について説明していきます。

賃貸物件の事故物件って良いの?悪いの?①家賃

賃貸仲介不動産安い家賃

アパートやマンションが事故物件になってしまうと、住みたいと思う人が極端に少なくなってしまい、空室の期間が長く大家さんの懐に全然家賃が入って来なくなってしまいます。

家賃収入で生計を立てている大家さん、アパートやマンションを建てる為にローンを組んでいる大家さん、リフォームで何百万と掛けたばかりの大家さん等、入居者がなかなか決まらないと困ってしまいます。

ある程度の大家さんは家賃を下げてでも放っておくぐらいなら家賃を下げてでも入居してもらいたいと考えるものです。

部屋で誰かが亡くなられた事が気にならないようであれば、相場よりかなり家賃を下げて募集をするので、家賃を極力抑えたいと考えている人には良いと思います。

賃貸物件の事故物件って良いの?悪いの?②心理的

賃貸仲介不動産いわくつき

自殺・殺人・事故・自然死等、色々な状況で亡くなられていますが、その事柄を聞いて嫌悪感を抱き住みたくないと思わせるような心理的瑕疵がある物件に住みという方はあまりいないと思います。

住みたい、住んでみたいという少数の方も中にはいますが、事故物件と聞くと、誰かが亡くなった部屋は気味が悪くて住みたくないと感じる人が多いはずです。

誰かが亡くなっている部屋でも気にならないという人もいらっしゃいますし、最近では事故物件に住むことを企画にしている方々もいらっしゃいますが、お部屋を紹介している不動産会社の社員の方も案内したくないと思ってしまうものです。

実際に、お客さんに紹介する為、部屋を探していると事故物件にあたる事がありますが、出来れば案内に行きたくないので、事故物件でも安ければ良いとか住んでみたいとか言ってくる少数派じゃないお客さんだと安心します。

賃貸物件の事故物件って良いの?悪いの?③霊感

賃貸仲介不動産霊感

私は霊やオバケというものを信じていませんが、たまに自分は霊感があるとか何かを感じるとか知人に霊感がある人がいるから見てもらいたいとか言ってくる方がいらっしゃいます。

正直、私はこの人何言ってんだろうと思ってしまいます。

私は霊とかオバケを見た事は無いですし、霊的な現象を経験したこともありません。

そういうお客さんをお相手して、霊的なものを感じるとか気分が悪くなるとか言われた事が何度かありますが、その度に、大家さんや管理会社にその部屋で誰かが亡くなった過去が無いか確認をすると何かあったことが一度もありませんでした。

脳の異常・誤作動・睡眠不足・過労等、もしくは精神疾患を患っている方や薬の副作用的なもので幻覚や幻聴のようなものを感じて霊だと錯覚しているようにしか思えません。

賃貸物件の事故物件って良いの?悪いの?④実は住んでいる

賃貸仲介不動産実は

実は事故物件に住んでいる可能性もあります。

基本的に、事故物件を紹介する場合には告知義務があるので、お客さんに黙って契約をさせるなんて事はありませんが、自然死の場合は告知する義務は無いので募集する不動産会社によってはお客さんは知らない場合もあります。※自然死の場合でも、遺体が長期間放置されていた場合などは告知する義務はあります。

国土交通省が発表したガイドラインでは、殺人や自殺等でも事件の発生から3年は告知する義務があるが、3年を過ぎれば告知しなくても良い事になっています。

高齢化社会・自殺者の増加傾向を考えれば、事故物件が増える事は予測出来ます。

事故物件が増えても、自然死であれば告知義務は無し、殺人や自殺であっても3年を過ぎれば告知義務が無くなるとなれば、知らず知らずのうちに事故物件に住んでしまう可能性も高くなるのではないでしょうか。

ですが、疑い始めればそれこそ新築しか住めなくなってしまいます。

賃貸物件の事故物件って良いの?悪いの?⑤まとめ

賃貸仲介不動産事故物件

住んでみなければ良いか悪いかは判断できませんし、最初から住まないと決めてしまうのも個人の自由なので良いでしょう。

良いか悪いかを決めるのは自分次第です。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました