賃貸マンション・アパートの傷や汚れはどうしよう?

不動産賃貸汚れ 不動産
いらすとや

契約の時に説明を受けているとは思いますが汚れや傷などの修繕は、大家さんが負担するのかそれとも自分が負担しなければならないのか理解していても時間が経つにつれて忘れてしまうものです。

そして、いざ汚してしまったり傷をつけてしまった時にどうしようと困ってしまう人がほとんどだと思います。※稀に何も考えてない人もいます。

退去の立ち合いの際、汚れや傷の確認を行いますがその時に焦る人もいるはずです。

今回は賃貸中のアパートやマンションに傷・汚れをつけてしまった時にどのようにしたら良いか説明していきます。

賃貸マンション・アパートの傷・汚れ①床や壁の落書き

賃貸不動産いたずら書き

小さい子供がいる家庭ではよくある事だと思いますが、床や壁に落書きをしてしまって気付いても気付かなくてもそのまま放置してしまっていることがあります。

退去後にクリーニングで落ちる汚れと落ちない汚れがありますが、基本的に落ちないと判断されてしまうと入居者(契約者)の負担になってしまい、壁紙の張替えやフローリングの張替えということにもなりますので気をつけて下さい。

壁紙は部分的な張替えが出来ない為、1面もしくは全ての面を張り替える必要があります。(1部分だけ張り替えると張り替えた部分の色と張り替えてない部分の色が違ってしまうから)

落書きが残ったままでは次に入居する人も決まりませんので、床の落書きも落ちなければ張り替えなければいけません。

床にしろ壁にしろその他の部分にしろ、落書きや汚れに気付いたらすぐに落とすことを心掛けて下さい。

インターネットで汚れの落とし方もすぐに調べられると思います。

賃貸マンション・アパートの傷・汚れ②畳の汚れ・傷

不動産賃貸畳

畳は手入れが面倒だし、何年も住んでいれば表面がケバケバになって畳のカスが出るようになってしまいます。

重たいものを乗せておくと凹んでしまい元に戻らなくなってしまいます。

傷もつきやすいので丁寧に扱わなくてはいけません。

退去時、汚れや傷をつけてしまった畳は表替えを行うか張替えになりますが、畳の場合は1枚での張替えも出来るので、汚れや傷は最小限に留めておいて下さい。

ただ、畳も湿気を吸うと柔らかくなってしまい沈んだりする事もあるので、その場合は表替えではなく張替えになるので、和室は十分に換気をすることをオススメします。

賃貸マンション・アパートの傷・汚れ③鏡・窓ガラス

不動産賃貸窓ガラス

誤って鏡や窓ガラスを割ってしまうこともあるかと思いますが、加入している火災保険で修理をしてもらえる事もあるので、すぐに管理会社に相談してみて下さい。

自分でガラス屋さんを手配したり、鏡を取り付けたりして余計な出費になってしまうと頭を抱える前に、面倒かもしれませんが管理会社に事情を説明して火災保険で費用をなんとか賄えないか聞いてみる事をオススメします。

事故的なものだと判定されれば修理費用は火災保険で賄えると思います。※加入している保険にもよるので、保険の契約内容をご確認下さい。

賃貸アパート・マンションの傷・汚れ④まとめ

不動産賃貸焦る

生活をしていれば大なり小なり汚れや傷はつきものです。

もし、汚れや傷をつけた場合はそのまま放置せず、管理会社やすぐに対処する事が費用を最小限に抑える一番の方法だと思います。

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました