賃貸物件で起こるトラブルやクレーム

賃貸仲介不動産クレーム 不動産
いらすとや

賃貸の不動産会社で働いていると、入居者トラブルやクレームが意外と多い事に気づかされますが、今回はどのようなトラブルやクレームが多いのか紹介していきます。

賃貸物件で起こるトラブルやクレーム①騒音

賃貸仲介不動産騒音

騒音問題で引越しをされる方はかなり多くいらっしゃいます。

お隣さん・上の階の方・下の階の方と周りは他人だらけです。

集合住宅に住んだ事がある方なら誰しも経験はあるかと思いますが、アパートなら上下左右どこからでも生活音が聞こえてきましす、マンションであっても上下の音は響くものもあります。

アパートは壁も薄く、目覚ましのアラーム音・電話の着信音・会話等は気を付けていても上下左右に響いてしまうものです。

マンションであっても鉄筋コンクリート造以上の構造でなければ安心出来ません。鉄骨造のマンションに住んでいる方でも騒音トラブルで引越す方はいらっしゃいます。

家族が出す音なら気にならないもの我慢できるものでも、他人が出す音は結構気になるものです。

部屋でお酒を飲んで大きな声で話していたり、喧嘩の声が大きかったり、ゲームや音楽の音が大きかったり、歩く足音が大きかったり、物を落としたり、シャワーの音やトイレを流す音だったり、他人同士が共同住宅に住んでいるものですから気になる人は相当嫌だと思います。

音を出している人は騒音だと思っていないかもしれませんが、他人からしてみれば毎日のように続く音は騒音でしかないのです。

この騒音が原因で入居者間でトラブルに発展したり、不動産会社にクレームを入れてくる方がいらっしゃっいます。

最近では、新型コロナウイルスのせいで在宅でリモートワークをしている人達が急増しています。

上下左右の方に迷惑をかける、仕事の話を他人に聞かれたくないから引っ越したいと思う方も多くいらっしゃいます。

賃貸物件は他人同士が住む共同住宅です。

一般常識の範囲内で周囲の方に気を遣いつつ、入居者全員が気持ち良く生活を送れるようにする必要があります。

賃貸物件で起こるトラブルやクレーム②ゴミ問題

賃貸仲介不動産ゴミ

アパートやマンションの共同住宅には、どうしてもモラルが低く常識が無い方も多くいらっしゃいます。

土地柄によっても異なりますが、ゴミ捨場の状況でどんな方が住まわれているか判断出来る事もあります。

ゴミの曜日を守らない・ゴミの分別をしない・粗大ゴミのようなものを勝手に捨てている・ゴミ捨て場じゃない場所に捨てる等、かなり汚いアパートやマンションがあります。

そんなアパートやマンションに知らずに住んでしまうと、自分がしっかりゴミ出しのルールを守っているのにゴミ出しのルールを守らない入居者によって不快な思いをしてしまいます。

臭い・虫・カラス、迷惑なものばかりで、大家さんや管理会社にクレームが入りますが、掃除をしに行ってもゴミ出しは毎週の事などですぐに汚くなります。

注意喚起の手紙を投函したり、掲示板等に張り紙をしてもほとんど効果はありません。

監視カメラを付けるには費用が掛かりますので、その費用分を家賃に上乗せする事など全ての入居者が受け入れる事も考えられません。

誰がやっているのか特定する事も難しいので、年に何回もクレームになり解決が難しい事がほとんどです。

賃貸物件で起こるトラブルやクレーム③チンピラ風の入居者

賃貸仲介不動産チンピラ

ガラの悪い入居者がいるアパートやマンションも住みずらく、しばしばトラブルやクレームになることがあります。

少しの事で因縁をつけてきたり、建物内で通り過ぎる時に威圧的だったり、駐輪場や共用部では自分の縄張りかのような行動をしたりと、他の入居者は避けるようになり威圧的なので何も言えない状況を作ってしまいます。(私も何度か自転車を壊された事があります)

トラブルになり直接話をしたとしても話にならない事がほとんどで、クレームを管理会社や大家さんに言っても何も解決はしてくれません。

直接話をする場合は警察にも話しておいた方が良いかと思います。

出来る限り入居させない事が一番ですが、知らず知らずのうちに住み始めている事もあるので、審査だけではどうしようのない場合もあります。

私の場合は、基本的にそのような方は後々トラブルになり他の方に迷惑が掛かるので物件を紹介しません。

賃貸物件で起こるトラブルやクレーム④大家さん

賃貸仲介不動産大家

たまにあるのが大家さんに問題があり、管理会社にクレームが入る事です。

少しの騒音や生活態度で文句を言ってくる、勝手にゴミを漁る、何か故障したりしても対処してくれない、退去の時に必要以上のお金の請求をする、嫌がらせする等、そんな事するなら人に貸さなきゃ良いのにって思ってしまいます。

自分の建物だから何しても良いと思うのは仕方ありませんが、このご時世に大家さんが上で入居者が下と考えてしまっている古い大家さんも結構います。

私も出来る限りそういう大家さんとは付き合いたくないので、物件を紹介しないようにしています。

お客さんにも申し訳なくなります。

出来る限り、問題の多い大家さんの物件は管理したくないですし、お客さんに紹介する前にしっかりと説明しておかなければなりません。

個人的にそんな大家さんの物件は入居者0になってしまえと思ってしまいます。

賃貸物件で起こるトラブルやクレーム⑤設備故障

賃貸仲介不動産古い

物件が古くなれば設備の故障はしょうがないものです。

その設備の故障でくるクレームに対して迅速に対応しなければなりません。

ただ、故障の調査・修理・交換等で発生する費用は大家さんが支払う事になるので勝手には出来ません。

勝手にやったんだからとか、もっと安いところがあるはずだとか、相談も受けていないのにとか、色々な理由をつけてお金を払いたがらない大家さんがいます。

そんな文句ばかり言う大家さんに限って、不動産会社からもお客さんからも電話をしているのになかなか出ません。

お客さんにとってみたら一刻でも早く修理をお願いしたいのに、大家さんと連絡が取れないからと待って頂く事も結構あります。

お客さんはイライラして不動産会社にクレームをいれますが、不動産会社だけではどうする事も出来ません。

連絡取れなかったり、物件の管理に対して家賃をもらっているからしっかりしなければと思っていない大家さんの物件はお客さんが可哀そうです。

管理が自分で出来ない大家さんは不動産会社に管理を任せた方が良いと思います。

賃貸物件で起こるトラブルやクレーム⑥まとめ

どんな物件にも大なり小なりトラブルやクレームはあります。

どうにもならないような事もありますが初期対応が遅く、お客さんがイライラしてどんどん話が大きくなる事も少なくありません。

チンピラ風な人が住んでいたり、大家がヤバい場合はどうする事も出来ませんが、何かトラブルが起きた時に、迅速に的確に誠意ある対応をしてくれる管理会社の物件を選ぶようにしましょう。

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました