賃貸物件を申込するにはどうすればいいのか。

賃貸仲介不動産申込 不動産

何度も賃貸物件を借りた事がある人は分かると思いますが、お部屋を決める時には入居申込書の記入が必要になります。

この入居申込書を記入しないとお部屋を確保する事が出来ませんので、お部屋が決まったなら急いで入居申込書を書きましょう。

賃貸物件を申込する時①入居申込書の記入

賃貸仲介不動産申込

お部屋が決まったらまずは申込です。

初めてお引越しをされる方には、申込書にどのような内容を記入するのか分からない人も多いはずです。

管理会社によっても保証会社によって記入する内容は多少の違いはありますが、ほぼどこの管理会社・保証会社も同じような内容の記入が必要になります。

【契約者】

1.氏名 2.性別 3.生年月日 4.年齢 5.現住所 6.電話番号 7.携帯番号 8.勤務先名

9.勤務先住所 10.勤務先電話番号 11.勤続年数 12.年収

【緊急連絡先】

1.氏名 2.性別 3.生年月日 4.年齢 5.契約者との関係 6.現住所 7.電話番号

8.携帯番号

【連帯保証人】

1.氏名 2.性別 3.生年月日 4.年齢 5.現住所 6.電話番号 7.携帯番号 8.勤務先名

9.勤務先住所 10.勤務先電話番号 11.勤続年数 12.年収

賃貸物件を申込する時②身分証明書

賃貸仲介不動産身分証

賃貸物件を申込する際、どの物件を申込をする場合でも身分証明書の提示を求められます。

身分証明書のコピーを管理会社に提出して審査に回してもらいます。

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート
  4. マイナンバーカード
  5. 在留カード(外国籍の方の場合)

1~5全てを出せと言われる事は無いですが、1と2もしくは2と3を求められるケースが多いように思います。

保険証が社会保険の場合は、会社名や組合名が入っているので在籍の確認もなります。

賃貸物件を申込する時③その他

賃貸仲介不動産書類

学生さんの場合は学生証。

新卒の方は内定通知書。

お勤めの方は源泉徴収票。(必要な場合と不要な場合があります)

法人名義で借りる場合は会社の登記簿謄本や決算書。

個人事業主の方は確定申告。

お客さんの内容や借りようと思っている物件の管理会社によっても提出するものが変わりますが、不動産会社の営業さんが申込時に説明をしてくれると思います。

賃貸物件を申込する時④まとめ

賃貸仲介不動産個人情報

物件の申込をする時には、自分の個人情報を提出して審査にかけてもらわなければなりません。

たまに不動産会社に来て、最低限の個人情報も教えずに物件が決まったら教えますと言ってくるお客さんがいますが、その行為はあまりおすすめ出来ませんし不動産会社の方から嫌がられます。

お客さんの内容を提出して審査をする訳ですから、不動産会社の営業さんからしてみたら審査が通るか通らないか分からないお客さんに物件を紹介しても時間と労力が無駄になる可能性があることを考えてしまいます。

お客さんからしてみても、気に入った物件を紹介してもらって、いざ申込を入れてみたら審査に落とされてしまった、もしくは申込書を書き終わった段階で不動産会社の営業さんに難しいと言われる事があるのでガッカリしてしまう事があります。

不動産会社の営業さんは、ある程度審査に通るか通らないかを最低限の個人情報で判断しています。

審査に落とされる可能性がある物件を紹介されガッカリしない為にも、しっかりと自身の内容を不動産会社の営業さんに伝えて下さい。

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました