賃貸物件を契約する時の初期費用を知っておこう

賃貸仲介不動産契約金 不動産
いらすとや

賃貸物件を借りた事が1度も無く、最初に掛かる費用を何も知らいない方は結構いると思います。

家賃だけで借りれると思っている方もいらっしゃいます。

管理会社や物件によって掛かる費用に違いはありますが、どんな費用が掛かるか説明します。

賃貸物件を契約する時の初期費用①敷金

賃貸仲介不動産預ける

部屋を退去する時、借りている人は原状回復(住んでいる時に出来てしまった傷を直したり、綺麗に清掃をして借りた時の状態に戻す)をしなければなりません。

基本的に、原状回復で掛かった費用を差し引いたお金が戻ってきます。

退去する時の費用を最初に預けておくようなものだと思って下さい。

相場は家賃の1~2ヵ月分です。

賃貸物件を契約する時の初期費用②礼金

賃貸仲介不動産お礼

大家さんに対する謝礼金のようなものです。

謝礼金ですから戻ってくることはありません。

お客さんに一番払いたくないと言われるものが礼金です。

月々の家賃を払うのに、お礼にお金を払う意味が分からないとお客さんに良く言われます。

相場は家賃の1~2ヵ月分ですが、最近では礼金を取らない物件も増えています。

賃貸物件を契約する時の初期費用③保証料

賃貸仲介不動産保証

最近ではほとんどの物件が保証会社に加入しなければならなくなっています。

以前は賃貸物件を借りる時に連帯保証人を立てなければいけませんでしたが、連帯保証人を頼める親族がいなかったり、いたとしても頼む事が出来なかったりすると契約をする事が出来ませんでした。

保証会社に加入することにより、連帯保証人を立てなくてもよくなります。

仮に家賃を滞納してしまった時には、保証会社が大家さんに家賃を立て替えて支払いますが、あとから支払いの請求がきます。

借りる側の保証では無く、大家さんに対する保証の意味合いが強いと思います。

何かあった時にしっかりと対処してくれる連帯保証人がいる方にとってみれば、無駄なお金だと思われるかもしれません。

相場は、管理会社が利用している保証会社によって様々ですが、多くの保証会社は月額総賃料の50%~100%の保証料が掛かります。

賃貸物件を契約する時の初期費用④火災保険料

賃貸仲介不動産保険

賃貸物件を契約する時には火災保険に加入しなければなりません。

管理会社指定の保険会社に加入する事と契約書に記載がある事が多いです。

最近では火災保険料を月額払いにしている会社も増えてきていますが、基本的に2年契約の火災保険がほとんどです。

相場は、10,000円位から25,000円位です。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑤鍵交換代

賃貸仲介不動産鍵交換

国土交通省から出されているガイドラインには、大家さんが鍵の交換費用を負担する事が妥当だとされていますが、多くの場合は借主に負担してもらっています。

大家さんが負担しなければならないと明記されていないので、貸主と借主どちらが負担しなければならないのかハッキリしていないのです。

お部屋を借りる人の中に国土交通省のガイドラインの事を知っている方はほぼいません。

相場は10,000円~30,000円位になります。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑥仲介手数料

賃貸仲介不動産仲介

お部屋を紹介してくれた不動産会社に支払う手数料です。

宅地建物取引業法には、貸主と借主それぞれから受け取る仲介手数料は半月分以内とするとされています。ただし、依頼者の承諾があればどちらか一方から1ヵ月分以内を受け取る事が出来ると記載があります。

基本的に、不動産会社からお客さんに請求出来る仲介手数料は家賃の半月分なのですが、そんな事を親切に説明してくれる不動産会社は稀だと思います。

相場は家賃の1ヵ月分(税別)だと思っておいて下さい。

今では、仲介手数料が家賃の50%の不動産会社も多くありますし、中には仲介手数料無しという物件も存在しています。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑦室内消毒代

賃貸仲介不動産クリーン

お部屋を消毒する費用です。

通常、前入居者が退去してから室内クリーニングを行いますので、お部屋は綺麗になっているはずですが、室内の消毒を契約条件に入れている管理会社が多くなっています。

不動産会社で働く私が言うのもなんですが、すごく無駄な費用だと思います。

相場は10,000円~20,000円位です。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑧安心入居サポート

賃貸仲介不動産サポート

管理会社が営業をしていない夜や早朝・管理会社がお休みの時に電気・ガス・水道のトラブルや鍵の紛失で部屋に入れない時などに駆けつけてくれるサービスです。(あくまでも一時対応)

電気・ガス・水道のトラブルはそんな頻繁に起きませんし、鍵を頻繁に紛失してしまう方もほとんどいらっしゃらない。

更新までの2年間に安心入居サポートを利用した事の無い人の方が多いと思います。

このサービスも無駄な費用だと思います。

相場は10,000円位から20,000円ぐらいになりますが、月額で1,000円~2,000円のものもあります。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑨消火剤

賃貸仲介不動産消火剤

火災が起きた時、火の元へ投げ込み火を鎮火させてくれる液体です。

消火器と違い小型で火に投げ込むだけで良いので扱いやすいですが、いざという時にその存在を忘れている可能性も多い物です。

一生のうちに1回も火事に合わない方も多いですし、マンションやアパートの共用部分に消火器が置かれているのでいらないと思う方も多いはずです。

ネット通販やホームセンター等で5,000円未満で売っていますが、初期費用に含まれる消火剤は少し高めです。

相場は、6,000円~10,000円位です。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑩事務手数料

賃貸仲介不動産事務

事務手数料が掛かる不動産会社と掛からない不動産会社があります。

掛かる不動産会社の方が少ないですが、不動会社で働く立場からすると、何でもかんでもお金を取ろうとがめつい会社だなと思ってしまいます。

相場は2,000円~5,000円位です。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑪前家賃

賃貸仲介不動産支払い

家賃は、翌月分を当月に払う前払いになっています。

仮に、今が1月として2月1日から家賃発生をする契約をすると2月分の家賃も初期費用に含まれます。

2月15日から家賃発生する契約では、2月15日~2月末日までの日割り家賃と3月分(翌月分)の家賃が初期費用に含まれます。

※管理費も同様に掛かります。

賃貸物件を契約する時の初期費用⑫何だかんだで結構掛かる

賃貸仲介不動産契約金

引越慣れしていない方や年配の方は、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険位で考えている人が多いと思います。

15年以上前までは、敷金2ヵ月・礼金2ヵ月が当たり前の時代でした。その頃、保証料や室内消毒代なんて取っている不動産会社なんて聞いた事ありません。

景気が悪くなり、敷金・礼金が取れなくなってきて不動産会社の売上も下がってきた頃、他で取れるものをと契約に付帯商品をつけるようになってきました。

敷金・礼金が無く安いと感じて引越しを考えても、いざ見積もりをもらうとこんなに掛かるのとびっくりした経験のある方は多いはずです。

お部屋を探す時、予め初期費用の相談を不動産会社にしておく事をオススメします。

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました