不動産情報サイトの室内写真

賃貸仲介不動産良い写真 不動産
いらすとや

お引越しをする際、9割以上の方が賃貸物件の情報サイトを検索されているかと思います。

条件を絞って物件を検索する訳ですが、その中でも一番にチェックするのは室内写真ではないでしょうか。

今回は、賃貸物件の不動産情報サイトに掲載している室内写真について書きたいと思います。

不動産情報サイトの室内写真①写真の枚数

賃貸仲介不動産写真

不動産会社に問い合わせをする前に、不動産会社に行く前に、出来るだけ詳細に部屋の情報・状態を見てからにしたいと思っているかたがほとんどだと思います。

外観・室内・周辺環境など、多くて30枚から40枚の写真が一つの物件に対して掲載されています。

中には、1Rでそんなに写す場所が無いにもかかわらず30枚から40枚の写真が掲載されているものや、室内の写真はほとんど無いのに周辺環境やどうでもいいような写真ばかり載せているものもよく見かけます。

そんなどうでもいいような写真なら載せなくても良いのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、これはただ単純に部屋を良く見せようという事ではありません。

写真の掲載枚数によって点数があり、より点数を高くした不動産会社の物件情報が検索の上位にくるようになっているからなのです。

点数の高さ(写真の枚数)だけではなく、それ以外にも『オプション』を不動産情報サイトの運営会社から買って検索上位にくるように、お客さんに見てもらって問い合わせや来店をして頂くことに不動産会社は必死になっています。

不動産会社は、何十万というお金を不動産情報サイトの運営会社に支払っており、その物件情報を見て、お客さんが問い合わせたり来店したりする訳ですから、サイトの物件情報を見てもらえなければお金をドブに捨てているのと同じです。

だからこそ、どうでもいい写真を何枚も何枚も掲載している不動産会社があるのです。

お客さんの為ではなく売り上げの為です。

不動産情報サイトの室内写真②パノラマ写真

賃貸仲介不動産パノラマ

最近、ホー〇ズやSU〇MOで『パノラマ写真』をよく見かけるようになりました。

室内360度、写っているので室内のイメージもしやすくなっておりますが、見ていると気持ち悪くなる方もいるのではないかと思います。

ただの写真だけでイメージ出来る人もいらっしゃいますが、引越慣れしていない人や女性には難しく感じる方も多いのではないでしょうか。

そういう方には、パノラマ写真が載っている物件情報は親切に感じるはずです。

ですが、まだまだパノラマ写真が載っている物件情報はごくわずか。

パノラマ写真を載せるのにもお金が掛かるのです。

不動産情報サイトの運営会社に、〇件で〇万円みたいな感じで掲載枠を買うので全ての物件に対してパノラマ写真を載せたら経費が半端なくなってしまいますので、ごく一部の物件にしか載せていない不動産会社がほとんどではないでしょうか。

パノラマ写真を載せただけでも点数が加算されますので、どこの不動産会社も検索上位にしたい物件にだけ載せていると思います。

不動産情報サイトの室内写真③カメラ・加工

賃貸仲介不動産写真加工

ネットでのお部屋探しは、写真が無ければ誰も見てくれません。

もう10年以上前からどこの不動産会社も室内・外観の写真に力を入れていると思います。

写真に力を入れ始めた頃は、ただ写真を撮ってただけでしたが、徐々に写真の撮り方・カメラの性能・写真の枚数等に拘りを持ち始めた不動産会社が増えてきました。

随時、不動産情報サイトの運営会社から情報を仕入れている不動産会社は多いので、この10年で写真が全く無い物件情報は見かけなくなったと思います。

どこの不動産会社も考える事は一緒で、写真を良く見せようと一眼レフのカメラで撮ったり、撮った写真を加工(明るさの調整)をしたり必死です。

一眼レフのカメラを使う事は良いと思います。

ですが、写真を加工してはいけないでしょ。

写真を加工してしまったら、日当たりが悪い部屋でも明るく見えてしまったり、汚れや古さが隠れてしまうので、実際の物件と全然違うように受け取られてしまいます。

不動産情報サイトを見ていると、あきらかに明る過ぎる物件をよく見かけますが、それを見て加工しているなと分かっている方は意外と少ないように感じます。

物件の写真を100%信じないようにしましょう。

不動産情報サイトの室内写真④まとめ

賃貸仲介不動産集合写真

不動産情報サイトでお部屋探しをしている人は多いと思いますが、写真が多く載っていたりパノラマ写真が載っていたりすると、内見が出来なくてもお部屋のお申込みをされる方が増えますので、物件が無くなるスピードも早くなります。

空く前の物件で内見が出来ない、遠方に住んでいてなかなか内見に行けない等、みなさん色々と事情はありますが、室内写真を吟味して決断をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました