賃貸不動産業界もIT化

賃貸仲介不動産スマホのみ 不動産
いらすとや

賃貸の不動産というと、古臭いやり方をずっと続けている業界のイメージが強いと思いますが、ここ数年、IT化が進んできております。

今までの流れで言うと、不動産会社に来店~物件の紹介を受ける~内見をする~申込書の記入をする~契約書に記入・捺印をする~鍵の受け取り、ざっくりとこんな感じになります。

この流れに変化が出てきました。

賃貸不動産業界のIT化①来店不要

賃貸仲介不動産オンライン

遠方に住んでいて不動産会社へ行く時間が作れない方や気軽に説明や物件の紹介を受けたいと思っている方も多いはずです。

Skype等を使い、来店せずに接客を受け物件の紹介を受ける事が出来る不動産会社も増えてきました。

自宅にいながら物件の紹介を受ける事が出来たり、物件・街の説明を受ける事が出来たり、その場で探す条件の変更を行い物件を探してもらえたりと、気軽に部屋探しが出来る良いサービスだと思います。

メールで物件の資料だけを送ってもらったり、ネットで物件情報を見ているだけでは細かい部分まで分かりませんが、自宅にいながら不動産会社のスタッフに説明を受けながら物件の紹介を受ける事が出来るので、手軽さだけではなく安心感も得られると思います。

営業マンの顔が見えるという事もポイントです。

賃貸不動産業界のIT化②内見不要

賃貸仲介不動産WEB内見

内見不要と言うと語弊があるかと思いますが、実際にお客さんが現地まで行くことはありません。

これも、Skype等を使って自宅にいながら室内をご覧頂く事が出来るようしている不動産会社が増えてきております。

お部屋の綺麗さ・設備・広さ等、自宅にいながらお見せすることが出来るこのサービスも大変便利だと思います。

ちょっと古い考えの方は、実際に内見をしないと判断が出来ないとおっしゃる方もいますが、若い方にはこのサービスが主流になるのではないかと思います。

賃貸不動産業界のIT化③申込書記入不要

賃貸仲介不動産WEB申込

今まで、気に入った物件があれば申込書に必要事項を記入して頂いていましたが、これも記入不要の不動産会社がまだまだ少数ではありますが増えてきました。

記入ではなく『入力』になります。

webでお客さんの情報を入力して頂いたり身分証明書を写メで撮ったりと、これも自宅にいながら出来るサービスです。

一つ気になるのは、その場で営業マンが入力画面を見れないので、審査が通る可能性が高いのか低いのか分からないまま登録完了されてしまうという事です。

営業マンは不安で仕方がないでしょう。

賃貸不動産業界のIT化④契約書記入・捺印不要

賃貸仲介不動産WEB契約

これはwebでの契約になります。

ごく一部の不動産会社でしか行っておりませんが、今後、web契約が推奨されるようになるのではないかと思います。

このweb契約も自宅にいながら出来るので、とても便利なサービスだという事とペーパーレス化につながるので、不動産会社側にもメリットは大きいと思います。

併せて、重要事項説明もSkype等を使って行うので一切不動産会社へ行くことはありません。

賃貸不動産業界のIT化⑤まとめ

賃貸仲介不動産スマホのみ

この数年で、物件の問い合わせ時からご契約まで、一切不動産会社へ行かなくても良いようなシステムを使う不動産会社がどんどん増えてくる事は間違いないと思います。

オートロックや部屋の鍵の開錠まで、スマホ1台で出来るようにしている物件もございます。

どの業界でもIT化が進んでいますが、不動産業界も急速にIT化が進んでいるので、今までの面倒臭い不動産探しがどんどん簡単になっていくと思います。

 

 

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました