新型コロナウイルスの危険にさらされても賃貸仲介会社は元気に営業中

賃貸仲介不動産ウイルス感染 不動産

2020年3月25日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、東京都の小池都知事が緊急会見を開き,外出自粛要請をしました。

2020年4月7日、政府が緊急事態宣言を出しました。

『人と人との接触機会を8割削減』

2020年4月10日、東京都の小池知事が外出自粛に加え休業要請を行いました。

でも、

賃貸仲介会社は休業出来ない

賃貸仲介不動産ウイルス

賃貸仲介会社は自転車操業がほとんどです。

管理会社と違い、休業すればお金は一切入ってこないので、休む訳にはいかないのです。

土曜日・日曜日は稼ぎ時だという考えが根強くあるので、土日に休む賃貸仲介会社もほとんどありません。

ですが、世間的に外出を自粛しています。

こんな時に部屋探しをする人は少ないですが、自分の事だけしか考えていない方が少なからず探されにきているように感じます。

今まで日本は恵まれた環境の中で生活をしてきたので、みなさん我慢が出来ないのでしょう。

そんな少数のお客さんでも、少しでも利益になるように休む訳にはいかないのです。

自転車操業なので休めば潰れてしまいます。

どれだけの売上を見込んでいるの?

賃貸仲介不動産予想

日本全域で新型コロナウイルスの脅威にさらされているこの時期に、どれぐらいの人達が引越しを考えているのでしょうか。

賃貸仲介会社の経営陣は、どれぐらいの売上を見込んでいるのでしょうか。

賃貸仲介会社で働く一般社員さんは、会社に対する不安や疑問を抱えながら出勤をしていることでしょう。

自転車操業だという事は、賃貸仲介会社で働く方なら誰でも分かっている事です。

問い合わせの件数、来店の件数、その流れを見ていれば月末にはいくら位の売上になると感覚的に分かりますが、集計をして数値として見てみると愕然とするはずです。

  1. 会社潰れちゃうんじゃないかな??
  2. 出勤して新型コロナに感染したら保障してくれるのかな?
  3. こんな時に部屋探しする人いるのかな?
  4. 売上が悪いから歩合・ボーナスが減るのが目に見えてモチベーションが下がる。
  5. 給料まで下げられてしまうんじゃないだろうか。
  6. マスクが買えないのにどうやって出勤しようかな?

他にもまだまだ不安や疑問に思う事はあると思いますが、何も解消される事が無いまま仕事をしなければなりません。

何の補償も無いまま仕事をしなければなりません。

先が見えないこの状況で、仲介会社を辞めようと思う方も多いはずです。

自転車操業の経営を変えていかなければ、新型コロナが落ち着いたとしても職場の環境は良くならないでしょう。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました