賃貸仲介会社は続かない

賃貸仲介不動産考える 不動産

賃貸仲介の不動産会社で働く社員の給料は多くないです。

賃貸仲介の不動産会社では、店長以上にならないと稼げないようになっています。

そもそも、ビジネスモデル自体が今の時代にあっていないのだと思います。

賃貸仲介会社は離職率が高い①休日

賃貸仲介不動産休み

会社によってバラバラだと思いますが、水曜日定休にして後は隔週で1回休みの不動産会社・定休日無しでシフト制の不動産会社があります。

基本的に、どちらも土日祝は休みの希望が出せません。

携帯ショップや旅行代理店のようにサービス業の感覚ですが、営業の要素が強いのでお客さんが沢山来店して売上が作りやすい土日祝は、冠婚葬祭等でない限り休みの希望は通りません。

ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始。

年間で連休が取れるのはこの3回ぐらいですが、特に連休が長い訳でもなくむしろ少なく感じると思います。

有給休暇もほぼ取れません。

売上を作っていても作っていなくてもほぼ取れません。

年5回の年次有給休暇位しかもらえないでしょう。

賃貸仲介会社は離職率が高い②給料

拘束時間、ノルマや売上目標を考えると給料は良いとは言えません。

割に合わないと思う方も多いでしょう。

給料の割に売上に対するプレッシャーがかなり強めです。

ほとんどの不動産会社は歩合給です。

ボーナスの会社もありますが、査定基準のほぼ9割が売上によるものです。

売上の上がる店舗で働けば、それなりに歩合やボーナスは貰えますが、売上の上がらない店舗に配属されたり、ダメな店長がいる店舗では全く稼げません。

求人で昇給年1回と書いてあってもほとんど給料は上がりません。

賃貸仲介会社は離職率が高い③仕事内容

賃貸仲介不動産繁忙期

  1. レインズ・ATBBや地場の不動産会社から物件資料を集める。
  2. 不動産情報サイトに登録する。
  3. 物件の写真を撮りに行く。
  4. オーナー情報を集めて受託活動(訪問)をする。
  5. 空室の確認をする。
  6. 接客・案内をする。
  7. 契約等の準備をする。

会社によって他にも仕事はあると思いますが、接客以外はほぼ作業的なものばかりつまらないと感じてしまう方も多いはずです。

接客以外は、社員じゃなくても良いようなものばかりです。

賃貸仲介会社は離職率が高い④将来性

賃貸仲介不動産将来

先日、『原則は賃料の0.5ヵ月分』でありながら、仲介手数料が1ヵ月分だという事の承諾を得ずに契約をしたと、借主より訴訟を起こされていた東〇リ〇ブ〇が敗訴しました。

このニュースを知っている人がどれだけいるか分かりませんが、引越を検討している方はインターネットで色々と調べて知っている方も多いはずです。

私が接客したお客さんにも、『仲介手数料は賃料の50%しか請求してはいけないんじゃないですか?』と言って来られた方もいらっしゃいます。

仲介する不動産会社が稼げない時代になってきたのだと思います。

10年程前から徐々に稼げなくなってきていますが、消毒代を請求したり、24時間サービスを請求したり、消火剤を請求したりと、契約上必要ないものを販売して利益を保ってきました。

仲介手数料50%が当たり前の時代になれば、どんどん仲介会社は苦しくなるでしょう。

今後、仲介業外の景気が一気に良くなる事など無いと思います。

賃貸仲介会社は離職率が高い⑤人間関係

賃貸仲介不動産人間関係

若くして店長になってしまい社員育成やマネージメントが出来なかったり、社員を使って何もしない店長が多いように感じます。

店長に上がると自分が偉くなったと勘違いしてしまうのでしょう。

自分の考えるルールを作り、自分の考えた通りに人を動かそうとしてしまうので、自分の思った通りに社員が動かなかったり発言をしなかったりすると、徹底的に社員を追い込みます。

簡単に言うとパワハラが横行しています。

営業の時には売上を作って評価された方が多いとは思いますが、店長になってからの成長はないので店長になってからのレベルは低いままの方が多いと思います。

主に、人間関係は店長やその上の方達の質の低さが原因で悪くなることがほとんどです。

辞める原因の多くはレベルの低い上司にあります。

賃貸仲介会社の離職率が高い⑥最後に

賃貸仲介不動産考える

賃貸仲介業は全てにおいて、良い部分は少ないように感じます。

会社によって、上司によって良い環境を作る事が出来ている不動産会社もありますが、ガチガチの仲介会社にはそれが出来ていません。

ヤバそうな会社ならすぐに辞めた方が良いように思います。

結婚しても、子供が出来ても、長く仕事を続けたいと思っている方には、不動産仲介会社はオススメ致しません。

不動産仲介会社に就職しようと思っているなら、良く考えて会社選びを慎重に行って下さい。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました