賃貸業界の繁忙期

賃貸仲介不動産引越シーズン 不動産
いらすとや

毎年1月から3月まで賃貸業界はフィーバータイムです。

いわゆる繁忙期です。

入れ食い状態です。

1年の売上の半分はこの3ヵ月間に集約されているといっても過言ではありません。

特に東京では、学生街や都心部に近いエリアにある不動産会社には大勢のお客様が集まります。ここ数年、インターネットの普及により簡単に情報を得る事が出来るようになったので、人の動きも年々早くなってきているようにも感じます。

何故1~3月が繁忙期なのか

賃貸仲介不動産繁忙期

4月からの新入学生・新社会人・転勤・転職・小学校や保育園幼稚園等に合わせての住み替え・春から同棲を考えてる人、2年前の新入学生・新社会人(更新月を迎える為)だった方など、まだまだ色々な事情で引越しをされる方がいらっしゃいますが、丁度この1月から3月に集中してしまうからなのです。

通常の3倍程度のお客様の対応をしなければなりません。

新入学生も新社会人も、4月から学校や会社がスタートするので、どんなに遅くても3月下旬までには引越しをしておかなければいけません。

小学校や保育園幼稚園等に合わせての住み替えを検討されている方も、みなさん出来れば3月までには引越しを済ませておきたいはずです。

学生街やその周辺のエリア・都心部のエリアにある不動産会社では、ほとんどのお客様が一人暮らしの方だらけになるでしょう。

しかも、遠方から来られる方が中心になります。

こんな時期だからこそ、ダメな不動産会社には引っかからないで欲しいと思ってしまいます。

繁忙期はトラブル多発

賃貸仲介不動産トラブル

1年の内で、一番お問い合わせが多く、一番来店が多く、一番契約が多い時期です。

一人のお客様に対し、お問い合わせの対応・接客・案内・申込・契約を全て一人の営業マンが行います。

それに加え、インターネットの登録や物件の写真を撮りに行ったりその他の業務をこなさなければなりません。

当然、遅くまで残ったり休みを返上したりして補おうとする営業マンもいますが、1人で全てを行っているので、お客様と連絡がつきづらかったり、管理会社の営業時間に間に合わなかったり、伝達漏れが出てしまったりとトラブルは多くなってしまう状況になります。

元々、仲介という立場からお客様と管理会社双方の話を聞きながら契約を進めなければなりませんので、自分の予定や思った通りの動きにならない事がほとんどです。

営業マンも引き継ぎが出来なかったり(自分の売上なので)、他の営業マンも忙しかったりするので、仮に引き継ぎが出来たとしてもその引継ぎをやってもらえないケースもあります。(引継ぎを受けた営業マンが接客に入ってしまうと何も出来なくなってしまう為)

しかも賃貸仲介会社は人手が足りていません。

こんな状況なので、鍵の受け渡しだったり・連絡だったり・お待ち合わせやその他のお約束でトラブルになる事が多くなってしまいます。

全て簡単な事だらけです。

通常時には起こらないことが起きてしまうのです。

人数が多くいれば良いのですが、少ない人数で営業するならば賃貸仲介の業務を考え直さなければならないように感じます。

全てを一人で請け負う事は、お客様にとっても自分にとっても良い事ではありません。

この時期の引越しを失敗にさせない為にも、お客様からも頻繁に不動産会社へスケジュール等の確認をしてもらえると、トラブルは未然に防ぐ事が出来ると思います。(本当はお客様の仕事では無いのですが)

繁忙期だからこそ気を付けて

賃貸仲介不動産注意

<a
href=”https://www.irasutoya.com/”>いらすとや

都心部での繁忙期は、お部屋探しが初めての方・街の事を知らない方・不動産屋さんに来ることに慣れていない方ばかりです。

何処の不動産屋さんに行って良いのか分からない方ばかりです。

頼れるのはインターネットの不動産情報サイトだけです。

まずは、自分が通う学校や会社の近くから〇〇分以内で物件を検索して、ヒットした物件を掲載していた不動産会社にお問い合わせして行かれる方が多いのではないでしょうか。

その際、お問い合わせした物件と全然違う場所に不動産屋さんがある事はないでしょうか。

特に東京であれば、新宿・渋谷・池袋・上野等に仲介会社が集中しています。

中心部で営業をしてる仲介会社は、かなり遠くのエリアの物件情報までインターネットに掲載する事がありますが、ほぼ、その掲載しているエリアの説明や情報提供が出来ない営業マンしかいません。

中途半端な俄知識ぐらいしか無いでしょう。

しかも、掲載している物件の事もあまり分かっていないはずです。

営業マンが分かっている事はただ一つ、利益率が高い物件だという事だけです。

分かった風に見えるのは、情報が間取図に書いてあったり、ネットの情報だったり、グーグルマップ等で建物の目の前や駅周辺が見れるからです。

それは営業マンじゃなくても、お客様でも分かる事なのです。

また、引越をしなければいけない状態の方ばかりですので、賃貸仲介会社の営業マンは強気にどんどん営業をかけてきます。

多少高くても、多少古くても、多少狭くても、強気に営業をかけ尚且契約に必要のないもの(室内消毒や24時間サポート等)まで売るようになります。

インターネットで物件を検索した時、ヒットした物件が都心部の賃貸仲介会社だったら気を付けて見るようにしてみて下さい。

引越料金

賃貸仲介不動産引越屋さん

2月から3月、4月中旬位まで、引越屋さんもフィーバータイムです。

引越をする方が多くなる為、引越屋さんも大忙しになります。

2月下旬頃から、徐々に予約が取りずらくなるでしょう。

引越屋さんを頼む場合は、お早めに予約を入れておくことをお勧めします。

初めて引越しをされる方でしたら、これが当たり前って思ってしまうかもしれませんが、引越料金がめちゃくちゃ高くなる時期でもあるのです。

閑散期の3倍位まで跳ね上がります。

引越屋さんによっても料金がバラバラなので、何社かに依頼をかけて相見積もりをして頂くのが一番良いのかと思います。

一人暮らしの方なら、新しく買い揃えた方が安くなる事もあるでしょう。

実家にある物を全部持って来ようとしない方が良いかもしれません。

最後に

賃貸仲介不動産決断

不動産会社に入ると、満席になっていることが多かったり、同じような条件で探している人がいる事が分かったり(他の席でのしゃべり声で)と雰囲気にのまれる方もいるかと思います。

焦ってお部屋を決める事はせずに、しっかりと営業マンの説明を聞きましょう。

その説明に疑問が生まれなければ良いと思いますが、少しでも疑問が解消されないようであれば探し直しをしても良いと思います。

ですが、繁忙期のお部屋探しのポイントは『決断力』『欲を出さない』です。

時間を掛ければ掛けるだけ良い物件には住めなくなる可能性が高くなります。

インターネットでの『下調べ』は徹底的に行っておいて下さい。

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました